2011年01月05日

菊賀新年

On The Road Again
オリジナル メンバーによる 2011年型ジライヤが発進しました。強情っ張りの獣は 一度死んでも蘇る。記念に作ったCD(電光石火の前に出したCDに4曲プラスしてマスタリングし直したもの)2010年12月18日下北沢251のライブDVDともにCD 500枚 DVD 200枚の限定発売しています。是非コレクションの仲間に入れてやって下さい。菊
追伸
Tシャツも宜しくね

今年も宜しくお願いします。
posted by 柴山“菊”俊之 at 23:19| Comment(2) | TrackBack(0) | 菊の細道

2010年12月28日

ブライアン フェリーの新作「OLYMPIA」

101227_145001.jpg
初期のROXY MUSICを思わせる ファッション雑誌の表紙の様なジャケットが美しい。中味はグラマラスでディスコティックな雰囲気 フレッシュ&ブレッド辺りのムード。
ROXYMUSICに出逢った時の様な めまいや のめり込みはさすがに無いが それでもお気に入りの服を着た時のようにしっくりきてしまう。ブライアン フェリーが作り出す 独特の世界は 多分 俺の中では永遠なのかも知れない 聴いているだけで詩が浮かんで来る 景色が見えて来る。
中でも 掘り出し物は スティーブ ウィンウッド率いる60年代後期のバンド トラフィックのナンバー「NO FACE,NO NAME,NO NUMBER」のカバーがいい オリジナルも素晴らしいが ブライアン フェリーの解釈も素晴らしい。こういう風に料理するかと…チャンスが有ったら聴き比べてみるといいね クリス スぺディングのギターも冴えてる。
と 云うわけで 2010年最後に買ったCDはブライアン フェリーの「OLYMPIA」でした。

追伸
ジャケットはミュージシャンの顔も ブライアン本人も載ってなく Cover Girl Kate Moss(スーパー モデル)のみというのもオシャレ

※トラフィックのナンバーは ミスター ファンタジーと云うアルバムに入ってます。菊
posted by 柴山“菊”俊之 at 00:10| Comment(2) | TrackBack(0) | 菊の細道

2010年11月20日

On The Road Again〓

いよいよジライヤが動き始めます。何だかルーキーの気分 ドキドキします。緊張します。脳みそが覚醒して眠れない…そうこの緊張感がたまらない
11月20日下北沢251で あなたと最高の夜をメイクしましょう。〓
ジライヤ 菊
posted by 柴山“菊”俊之 at 02:36| Comment(3) | TrackBack(0) | 菊の細道

2010年11月15日

鬼平まつり

鬼平 お疲れ様でした。
あいつとは もう 長い付き合いで いつの間にか知り合いに成ってた。キース時代に付き合ってた女性が喫茶店をやってて 良く遊びに来てた頃から話す様に成ったのかな…ブルースばっかりやってた頃かな〓 あいつが ブロークン ダウン エンジンでドラムをたたく様に成って 西南大学の学園祭で観た時に いつか一緒にやりたいと思って 浦田がサンハウスやめた時 あいつしかいないと 半ば強引にサンハウスに引っ張りこんだ。オリジナルをやる様に成ってからの サンハウスのサウンドを不動のものにした功労者でもある。ドラムを叩く為に生まれた男 俺が日本で一番好きなドラマー
お疲れ様でした。そしておめでとうございます。
posted by 柴山“菊”俊之 at 20:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 菊の細道

2010年11月13日

no-title

先日の藤沼氏の名前 間違ってました。紳一ではなくて伸一でしたね 今後注意致します。菊

伸一 間違ってごめんね
posted by 柴山“菊”俊之 at 00:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 菊の細道

2010年11月10日

紳一の誕生日ライブ

久しぶりに プレイしたけど 相変わらず ギターは喧しかった。でも まあ それが紳一なのかと納得して 久々に「エンジンブギ」「満月の夢」「クルクルパー ライフ」「パラノイア」をやりました。気持ち良かっぜ…そして 思ったのが Rubyの曲はヘビィだったのだと 改めて感じました。菊
posted by 柴山“菊”俊之 at 15:32| Comment(2) | TrackBack(0) | 菊の細道

2010年10月21日

Billboard Tokyoに DR JOHNを観に行って来ました。

101019_181505.jpg101021_135708.jpg
60年代後期から良く聴いていた人で いろいろな音楽を取り入れても Rootsはニューオーリンズ スタイルのRhythm & Bluesがドッシリと胡座をかいている様な人です。

The Lower911(ギター.ベース .ドラム)を従えてDRJOHNがボーカル ピアノ キーボードと云う セットでプレイしてくれました。シンプルな構成ながら厚みのある 黒いサウンドは見事なマグマと成って噴出していました。70歳のDR JOHNは 俺が聴いていた当時から変わる事なく はりのある 野太いセクシーな声で DR JOHNである事を証明してくれました。あっという間の1時間15分 物足りなさと 満足感に浸りながら家路に着き 彼のニュー アルバム「Tribal」を聴いています。彼の魔力がびっしり詰まった 御機嫌なファンク ロック 本当に70とは思えない あつい
DR JOHNの世界が繰り広げられています。お金に余裕の有る人は 聴いてみて下さい。菊

追伸
ライブで一曲 ギターを弾いてました。ジミヘンもやってる Earl Kingの
「COME ON」と云うナンバーで 味わいがあって それもまた良かった。
posted by 柴山“菊”俊之 at 15:35| Comment(1) | TrackBack(0) | 菊の細道

2010年10月18日

永い夏休みを終えて…

101018_152928.jpg
やっとジーラちゃんとライヤ君が 戻って参りました。11月20日からのOn The Road Again Tourの爆音に耐えられる様 今から特訓します。皆さんも
ジーラちゃんとライヤ君に逢いに来て下さい。菊
posted by 柴山“菊”俊之 at 15:53| Comment(2) | TrackBack(0) | 菊の細道

2010年10月06日

秋です。


201010062.jpg

裏に流れてる川の遊歩道を散歩してると 曼珠沙華をみかけます。まだ 俺が小さかった頃 母親があの花の傍には ヒラクチ(毒蛇)が居るから 近づいちゃいけないと よく云われた事を思い出します。毒蛇はともかく この真っ赤な曼珠沙華は 毒々しくてエロチックで美しいです。俺の好きな花のひとつです。ぼんやりと曼珠沙華の咲く道を歩いていると 浮世を忘れてしまいそう…菊
posted by 柴山“菊”俊之 at 02:28| Comment(2) | TrackBack(0) | 菊の細道

2010年09月13日

鬼平の還暦祝い……

9月10日夜 鬼平から突然電話がかかって来た。11日に出演する 南浩二が脳幹梗塞で倒れたと…(11日午前3時頃亡くなった。)ピンチヒッターとして俺に白羽の矢がたって 可愛い後輩で ミュージシャン仲間で ライバルでもあった 南のピンチヒッターならとOKした。
出演者全員が心を込めて鬼平の還暦を祝い 南浩二を偲んだ。とても素晴らしいライブだっだ。
結婚式と告別式を一緒にやってるような 不思議な空間の中 俺にとっては思い出深い 心に残るライブでした。
鬼平 還暦おめでとうございます。南浩二 合掌…
ジライヤ 菊
posted by 柴山“菊”俊之 at 18:07| Comment(3) | TrackBack(0) | 菊の細道