2011年12月07日

12月6日 日本武道館にスティービー ウィンウッド& エリック クラプトンのライブを観に行って来ました。

目当ては ウィンウッドで「ブラインド フェイス」.「トラフィック」時代の曲を沢山プレイしてくれて ワクワクものでした。

60年代後半から70年代前半辺りの どっしりした中でビシビシと火花がとびかうそれは素晴らしい 見事なライブでした。本編最後のジミ ヘンドリックスの「ブードゥ チャイルド」は エレクトリック レディ ランドの中に入っている ロング(セッション) ヴァージョンでやってくれた 立体感のある 荒々しサウンドはまさにジミヘンが舞い降りてきて セッションやってるような錯覚に陥って鳥肌ものでした。
アンコールは トラフィックの「ミスター ファンタジー」と「JJケール」のコケインでした。全曲 知ってる曲で大満足。でした。
posted by 柴山“菊”俊之 at 17:14| Comment(1) | TrackBack(0) | 菊の細道
この記事へのコメント
広島公演では、ウィンウッドからキラキラ☆した音がいっぱい出てて・・・確かに「ワクワクもの」でした♪「ブードゥ チャイルド」もたっぷりだったけど、火花は無かった・・・残念。。。

ウィンウッドは2年ぐらい前に「菊の華」見て、TRAFFICの「traffic」を聴き直して、惚れなおして(?)定番化。SPENCER DAVIS GROUPも揃えようと目論んでます。
Posted by nobi at 2011年12月07日 23:15
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/51492992

この記事へのトラックバック