2021年02月12日

ジャズ ピアニスト キース ジャレットが

昨年 脳卒中を発症して その後麻痺が残って もうピアノが弾けないらしい。

俺は20代の前半から彼のピアノが好きで良く聴いた。
特に 1968年の10月30日、31日の ロサンゼルス「シェリーズマン ホール」でのライブ盤『SOMEWHERE BEFORE』を良く聴いた。
そして今 あの頃の様に 目を閉じて聴いてます。

ボブ ディランの「My Back Pages」の ピアノが たまらなく良いです。
あなたも 一度聴いてみられては。

因に 僕が最初に作ったバンドは 彼の名前から取って 『THE KEITH』と名付けました。

SBSH0758.JPG
posted by 柴山“菊”俊之 at 18:24| Comment(1) | TrackBack(0) | 菊の細道
この記事へのコメント
ご無沙汰しております。
柴山さんお元気ですか?
まさか「THE KEITH」のバンド名の由来が
キースジャレットとは!
僕もキースジャレットは好きです。
ライブの即興も好きだし、スタンダードのカバーも
彼らしくてよく聴きます。

また柴山さんのライブが観れる時を楽しみにしてます。
どうかお身体にご自愛ください。
Posted by 新原宏 at 2021年02月12日 23:12
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/188396789

この記事へのトラックバック